設計コンセプト
 宅地造成された新しい町並みの中にあり、場所的には東南角地という恵まれた立地条件。
  夫婦2人と独立した子供達の共有空間を保ちつつ、それぞれの空間も確保した。
 宮崎市は冬場もそれ程厳しい寒さにはならない為、床暖房を居間と台所にのみ敷設した
 ここは、盛土を施した造成地なので、事前にサウンディング試験(地質調査)を行い
 地盤強度を確認した上で、工事に取り掛かった。
 
      


所在地/宮崎県宮崎市桜町
主要用途/住宅
構造/木造2階建て 
工程-----------------------------------
設計期間 2006年3月〜2006年7月  5ヶ月
工事期間 2006年8月〜2007年1月  6ヶ月
規模-----------------------------------
敷地面積 211.37u(63.93坪)
建築面積  74.36u
延床面積 121.73u(36.82坪)

正面外観
1階の6畳和室
西日の影響を和らげる為、
西側に押入れ・クローゼットを設置した。
南面には4畳ほどのテラスがある。
広さ約14帖の居間・・・床暖房敷設
左面には造り付の飾り棚
部屋の奥まで伸びる冬の日差し
1階から2階へと続く手摺り
階段にはナラ集成材を使用
風呂場側のちょっとした空間に天井まで届く
収納棚を設置

白で統一したキッチン。北側にはブラインド
小窓も設け、明るいスペースとなっている
床暖房を敷設したIH対応キッチン
2階プレイルーム
2階クローゼット
収納力たっぷりの玄関
加齢対応につきL型手摺りを設け
フラットな床面となっている
エントランスポーチ



作品へ戻る